2014年

5月

30日

アスパラガス

   

    先日、レッスンに通ってくださっているTさんご夫妻から

    山形県のご実家から届いたばかりというアスパラガスを

    お裾分けしていただきました~。

    新鮮なうちに塩ゆでしお出しに付け込んで下さったそうです。

    色も香りも鮮やかで、ほんとうに美味しかったです!!

    レッスン前の朝のお忙しいときにありがとうございました。

    

 

 

0 コメント

2014年

5月

28日

朝の日課

 

  どうぶつはやっぱり癒されますな~

  こどもたちは登校まえに、掃除や畑しごと、食事当番の子たちは

  あさごはんの準備、そして、うさちゃんのお世話をして登校です。

 

 

            いってらっしゃ~い。

0 コメント

2014年

5月

27日

 

   息子の住む村の虹です。

   一日じゅうずっと降り続いた雨が夕方にやんだあとにでたとか。

   虹のスタートがまさに、すごそこ。

 

 

0 コメント

2014年

5月

26日

佇まい

 

 

 

最近、ねこちゃんたちの好きな部分が

ひとつはっきりわかりました。

 

それは『しっぽの先まで美しい』です。

あ、こちらの方はご近所さんですが、

ちょっとしっぽはだらんとしてますね。(笑)

毎日うちのcocoに会いに来てくれます。

 

 

 

 

 

 

こちらの方もほぼ毎日来てくれます。

最近は女子はとても積極的です。

(あれ?動物界ではあたりまえ?)

わが家のcocoは、

まだ1さいにもならない男子ですが

もういろんなお姉さんたちから

熱いアプローチを受けています。

 

話題がそれてしまいましたが、以前『気功』を学んでいるときに

『意識したところから『気』が流れはじめる』と教わりました。

西洋医学では『血』の流れないところが病気になり、

東洋医学では『気』の流れないところが病気になる、と。

ヨガでも師匠から『転がる石に苔つかず』とおなじことを言われました。

 

なので、ねこちゃんたちの隅々にまで意識が届いてる姿に、

『しっかり気が流れているなぁぁ~』と私は気持ちよくなるんですね。

 

 

でもやっぱり、ねこの魅力はこの脱力感でもありますよね!!

ふてぶてしいほど可愛い。(笑)

0 コメント

2014年

5月

24日

マイガーデン

 

   息子たちの生活する学園ではみんなで裏の畑で野菜をつくり、

   それをじぶんたちで料理をして食べていますが

   それとはべつに『マイガーデン』といってそれぞれに畑を与えられて

   じぶんたちが育てたい野菜を育てるというのもやっているようです。

 

   中学生のお兄ちゃん&お姉ちゃんたちが

   小学生がいない日に、畑を耕して準備をしてくれたようです。

 

    力強く根をはっている木や雑草を取り払うのもたいへん。

    まるで『大きなかぶ』ですね~。

    でもとっても楽しそう、笑い声が聞こえてくるよう。

 

   むすこは『とうもろこし』を育てることにしたそうです。

   (てがみに、そう書いてありました)

   みんなで『おおきくなぁれ!!』と記念写真をぱちり。

 

0 コメント

2014年

5月

23日

ヨーロピアンチャイナペインティング

 

 先日、生徒さんでもあるNさんのご自宅にお邪魔しました。

 Nさんは『ヨーロピアンチャイナペインティング』という

 ご本人いわく『洋風だか中華風だかわからない(笑)』と仰られてましたが

 洋食器に絵付けをするお教室をご自宅でされています。

 昔のヨーロッパには白磁製造の技術がなく、専ら中国からの

 輸入品であったため、白磁を総称して『チャイナ』と呼んでいたそうで

 そこからの由来だそうです。

 

 

   お邪魔すると、テーブルのうえにお手製のピクルスが並んでいました。

 わたしもピクルスは年に何度か作りますが、季節はいつも夏です。

 あぁ、もうそんな季節になったんだなぁ。

 Nさん、美味しくて&楽しいお時間をありがとうございました~!!

 

0 コメント

2014年

5月

22日

和菓子

 

きのう、わたしが学んでいる施術の練習に生徒さんたちがお身体を貸して協力してくださいました。

そして、こんな美味しそうな和菓子の差し入れまでいただきました。

さっそく施術のあとに皆さんでお茶と一緒に、パクリ。

『和菓子ってこんなに美味しいんだなぁ~』と久々に感動しました。

Yさん、Kさん、Mさん、昨日はお世話になりました。

そして素敵なお気遣いにも感謝します。

 

 

0 コメント

2014年

5月

21日

答案用紙のラブレター

 

息子の通う学校から、お便りと一緒にテストなども送られてきます。

だんだん息子もそのシステムがわかってきたようで

ちょこちょこと熱いメッセージを

テストのはじっことかに書いて送ってきます。

へんなクセがつかないといいけどなぁ。(笑)

 

 

0 コメント

2014年

5月

20日

場をととのえる

 

先日、いま学んでいる施術の研修会で先輩にあたる方と

『場をととのえる』という話題になりました。

「乱れた空間で施術しても整いにくい」というお話でしたが

わたしはとても納得できました。

実際に施術を終了してお身体がととのった方を、

わざと不快になるような乱れた空間で検査をしてみると、

バランスを崩してしまい、

また綺麗な空間で検査すると整ったお体に戻っていました。

これは、患者さんご本人が「なんかいやだな~」と感じるだけで

お身体のバランスは崩れるということを意味します。

わたしはいつも『すべて脳がじぶんで決めている』と言ってますが

ほんとうにそうなんですね。

今回、わたしも施術を通してあらためてきちんと実感できました。

可能なかぎり『嫌なことは無理せずやらない』をたいせつに。

 

 

0 コメント

2014年

5月

19日

無農薬野菜

 

日曜日に、越谷市の『げんきの市場』まで無農薬野菜(ものによっては減農薬野菜)を買いに行ってきました。

ヨガを始めた頃は、わたしもただひたすらがんばっていたので(笑)、マクロビオティック(玄米菜食)の食生活でしたが、ここ数年は通常の食事です。

時間にゆとりのあるときに、ちょっと丁寧に食事がしたいときに、美味しい安全な野菜を買いにいきます。

 

 

そこでこんな情報をいただきましたよ。

「家族全員がベジタリアンであるポール・マッカートニー氏が提唱した『ミートフリーマンデー』(肉のない月曜日)は、「地球温暖化を防ぐために週に一度くらいは肉食をやめよう」という主旨です。芸術家のオノ・ヨーコさんや女優のグウィネス・パウトロウさんなど多くの著名人の賛同を得て、ヨーロッパやアメリカなどの先進国でムーブメントとして定着しています。」

 

はじめは、なんだかセレブの人たちの動きかなぁ~と思ってましたが。

自分の思い込みをやめて読みすすめてみました。

 

国際連合食料農業機関(FAO)によると、家畜を飼育すること自体が地球温暖化に影響していると警告し、温室効果ガス排出源のうち家畜の占める割合は18%で、車や飛行機の13%を上回る数字だと発表しました。

1kgの牛肉をつくるのに8kg穀物と160トンの水が必要とされています。世界の牛の穀物飼料の5%を減らし、その穀物を飢餓に苦しむ人々に回せば、計算上は世界の飢えを救えるとも、米国人と日本人が5回に1回、肉食を減らせば世界の飢えは救われるとも言われているそうです。

 

 

わたしたち先進国の死亡原因のトップはガンや血管心臓病といった生活習慣病であり、肉食などに偏った生活が一因と考えられています。

地球環境のために、ご自身やご家族の健康のために、週1回ベジタリアンで過ごす。美味しい旬の野菜で食卓を彩り、季節をめでる、なんだかこころにもからだにも良さそうですよね。

 

 

 

0 コメント

2014年

5月

18日

手紙

息子からは

週1、2通の手紙が届きます。

みんなで生活をする学園から

毎朝バスで学校へ行きますが、

そのバス停のところに

ポストがあるみたいですね。

ここから届いていたのかぁ。

『昨日は母の日だったよね~』

そんな話題をしていたとか。

 

 

0 コメント

2014年

5月

16日

うさぎ

 

息子たちの生活する学園では、最近うさぎをどなたかからいただいたとかでみんなでお世話して飼いはじめたようです。

ここ数年、うさぎは専門雑誌などもあるそうで人気者みたいですね~。

うん、とってもかわいい。

 

 

実は、面白いのが小屋なんです。な、なんと、移動式なんです~!!

うさぎが地面の雑草を食べてくれるので草むしりも省けて一石二鳥だとか。

小屋を少しずつ移動していけば、ほら、ごらんの通り。

きれいに見事、雑草がなくなっています。すばらしいアイデアですね~。

(うさぎを触りたくて、みんなが小屋にはいっててぎゅうぎゅう。)

 

0 コメント

2014年

5月

14日

『内部からくさる桃』

 

 

『内部からくさる桃』       茨木のり子

 

 

       単調なくらしに耐えること

       雨だれのように単調な.....

 

       恋人どうしのキスを

       こころして成熟させること

       一生賭けても食べ飽きない

       おいしい南の果実のように

 

       禿鷹の闘争心を

       見えないものに挑むこと

       つねにつねにしりもちをつきながら

 

       ひとびとは

       怒りの火薬を湿らせてはならない

       まことに自己の名において立つ日のために

 

       ひとびとは盗まなければならない

       恒星と恒星の間に光る友情の秘伝を

 

       ひとびとは思索しなければならない

       山師のように執拗に

       <埋没されてあるもの>を

       ひとりにだけふさわしく用意された

       <生の意味>を

 

       それらはたぶん

       おそろしいものを含んでいるだろう

       酩酊の銃を取るよりはるかに!

 

       耐えきれず人は攫む

       贋金をつかむように

       むなしく流通するものを攫む

 

       内部からいつもくさる桃 平和

 

       日々に失格し

       日々に脱落する悪たれによって

       世界は

       破壊の夢にさらされてやまない

 

 

 

0 コメント

2014年

5月

13日

すてきなご夫婦

 

 

最近、私がいま学んでいる施術の練習に

生徒さんたちにもご協力をいただいています。

お身体を診させていただいてますが、

旦那様とご一緒に来てくださる方も。

 

まだお若いご夫婦から、

時間を積み重ねてこられたご夫婦と、いろいろです。

わたしは奥様方の知り合いだから余計かも知れませんが

旦那様が奥様に向ける無言の会話というか、

とても安心された視線を奥様に向ける瞬間、

いつも『素敵なご夫婦だなぁ』と思います。

おふたりで築きあげてきた『時間』を想像しながら

なんだか私まで幸せな気分になります。

 

 

 

 

Kさん、

こちらがご協力いただいてるのに

先日はご丁寧にお気遣いを

ありがとうございました~。

おせんべい美味しかったです。

 

0 コメント

2014年

5月

12日

『奈々子に』

 

ひさしぶりに詩のご紹介です。

 

 

『奈々子に』      吉野弘

 

 

赤い林檎の頬をして

眠っている奈々子。

 

お前のお母さんの頬の赤さは

そっくり

奈々子の頬にいってしまって

ひところのお母さんの

つややかな頬は少し青ざめた。

お父さんにもちょっと酸っぱい思いがふえた。

 

唐突だが

奈々子

お父さんはお前に

多くを期待しないだろう。

ひとが

ほかからの期待に応えようとして

どんなに

自分を駄目にしてしまうか。

お父さんははっきり

知ってしまったから。

 

お父さんが

お前にあげたいものは

健康と

自分を愛する心だ。

 

ひとが

ひとでなくなるのは

自分を愛することをやめるときだ。

 

自分を愛することをやめるとき

ひとは

他人を愛することをやめ

世界を見失ってしまう。

 

自分があるとき

他人があり

世界がある。

 

お父さんにも

お母さんにも

酸っぱい苦労がふえた。

 

苦労は

今は

お前にあげられない。

 

お前にあげたいものは

香りのよい健康と

かちとるにむづかしく

はぐくむにむづかしい

自分を愛する心だ。

 

 

 

0 コメント

2014年

5月

08日

火渡りの祭り

 

息子の山村留学先の群馬県上野村には

『火渡りの祭り』というのがあります。

 中正寺という小さなお寺が山頂にあり、

裸足で火の上を渡り、

『迷いや邪気を焼き払う』というもの。

 

 

 

 

ちょっと勇気が必要でしたが

私たち家族も駆け抜けてみました~。

(父はやらずに見学。)

 

実際はこんな感じです。

ほとんど火は消えくすぶってる程度。

いちばんビビってた息子。

 

 

 

でも、これが意外とコツがあり。

『モデル歩き』で歩を進めないと

腰幅のまま進んでいくと

両サイドの炭を踏んでしまいます。

わたしも腰幅が大きいからか(笑)

少し油断して踏んでしまいましたが

ふつうに熱かったです。

 

 

 

 

母は散々、いやがっていましたが

なんだか途中から急にやる気を出し、

靴下を脱ぎ始めました~。(笑)

でも、一番最後のほうに並び

なるべくみんなの踏みつけた後を

ねらっていましたね。

 

 

最後がおもしろいのですが、山道を降りるときに

途中に置いてある『旗』を参加者全員で撤去しながら下ります。

ひとが少ない分だけ『みんなでやるのは当たり前』

じぶんたちでつくっているという感覚を感じます。

 

 

0 コメント

2014年

5月

07日

ありがとうございます

 

本日、他の生徒さんKさんからもビワの葉を5枚いただきました~。

購入すると結構な高価なものなので、とても助かります。

 

 

 

 

そのkさんは、マクロビオティックを

されているそうで(私は昔、挫折。)

なんと手作りのマクロビオティックの

『ちまき』をいただきました。

材料を聞き忘れてしまったのですが、

くるみやプラム?などはいってて

とにかくとても美味しかったです。

 

みなさん、すごいなぁ~。

 

 

 

 

 

そして、YさんからはGWの新潟旅行の

お土産をいただいてしまいました。

帰りは渋滞のなか、

寄り道されたとはいえ8時間かけて

おでかけされた貴重なお土産です。

早速、こちらもいただきました。

『エビはなぜこんなに甘いんだろう』

こちらもシンプルな味付けだけに、

海老の美味しさが際立ってました。

今日はグルメレポートでした~。(笑)

 

0 コメント

2014年

5月

06日

こんにゃく湿布

 

 今週のレッスンでは、民間療法の『こんにゃく湿布』をしています。

 肝臓や腎臓は、

「体内でできた老廃物や毒素を体外に排泄し血液を浄化する」

 とても大切な臓器ですので、慢性化した内臓疾患にとてもよいそう。

 そこに、ビワの葉があると、さらに良し。

 こんにゃくの熱で温められたビワの葉からエキスが体内に浸透し、

 痛みや炎症をとってくれるというもので、

 仏教医学として日本に伝わった療法のひとつのようですね。

 

 ビワの葉は漢方薬やさんなどで購入もできますがお高い。(笑)

 ということで、生徒さんがこっそりお寺さんからたくさん

 拝借してきてくださいました~。

 

 先着20名さまですので、ご了承くださいませ~!!

 とてもきれいなビワの葉ばかりですね。

 Aさん、本当にありがとうございました。

 

 おまけ

 

 Aさんのお話です。

 もう立派なお孫さんもいらっしゃるAさんですが、

 こんな風にメールをくださいました。

 

 『ビワの葉を勝手にいただいてきちゃいました。

 私達同様できるだけきれいどころを揃えたつもりですが

 若いのから年を重ねたものからと色々です』

 

 とてもお茶目ですね。

 私は昔から『おちゃめ』なひとに憧れます。

 そんな風に年齢を重ねたいなぁ。

 

 

 

0 コメント

2014年

5月

05日

バレー部

    

      こちらの学校では部活動が盛んのようですね。

    生徒数が少ないので、部活は全員バレーボールです。 

    本人たちは選びたかったらしいのですが。(笑)

    ぴかぴかの体育館で、みんな頑張ってました。

    僻地教育には、若い先生が多いらしく練習も本格的。

    本人は練習がキツイと言ってましたが、

    体力&根性がついていいと思います~。

 

 

  体育館の裏はこんな感じで、アユ、ヤマメなどが釣れるみたいです。

  この写真には写っていませんが釣り人の方がたくさんいました~。

  こちらが体育館入口、なんとも素晴らしい環境ですね。

  ↓

0 コメント

2014年

5月

04日

授業参観

  

    行ってきましたぁ~授業参観。

    校舎は数年前に新しくなったそうで、ぴかぴか。

    すぐ裏にはきれいな川も流れていて

    釣り人の方たちがたくさんいました。

   (学校の裏で釣りの観光客なんて、不思議だ~)

    

 

    こちらは校舎の隣にある図書館です。

    ここからもガラス張りの窓から山と川が眺めます。

    らせん階段に、暖炉もあり本当に夢の空間。

    でも、とくに驚いたのは置かれている本が

    どれも興味をひくものばかり.....。

    日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか、

    う~ん読みたい。(笑)

 

 

    この日は国語の授業でした。

    音読の早読みだったのですが、ごらんの通り。

    5年生は9人しかいないのですが

    みんな立ち上がって早読みしてました~。

    自由で面白い授業だなぁと思いました。

 

 

 

0 コメント

2014年

5月

01日

カレー屋さん

 

今日は、いつもお世話になっている

お客様のKさんがいらしてくれたので

東川口のカレー屋さんに行きました。

わたしは辛いものは得意ではないけど

ナンが大好きなので、

ひとりでもよく食べにいきます。

毎回、必ず『甘口』を注文するので、

きっとお店のインド人の方から

おかしなひとだと思われていますね。(笑)

 

0 コメント