2014年

6月

29日

知るということ

 

 

毎月、自宅レッスンで『じぶんをメンテナンスするための方法』を

こころやからだ、両面からの見方で手書きでせっせと書いて、(笑)

みなさんにお配りしています。

 

先月は『大腸』でした。

日本人は欧米人に比べ食物繊維を消化するために腸が長いので(だから胴長体型でスタイルが...。)タダでさえ負担がかかるのに、梅雨の時期はなおさら下垂気味になってお通じに影響も出やすいからです。

滞留便(宿便)のお話などをさせていただいたのですが、その後、ある生徒さんから驚きのお話を聞きました。

宿便は便と水分と油なので、どうしてもゆるいものですがそれを『下痢』と勘違いして、その方はずっと正露丸を服用していたというのです。

せっかく身体から老廃物を排泄して、いい作業をしてくれているのに『知らなかった』からそれを薬で止めようとしていたのです。

 

 

『知らない』よりは、『知っている』ことのほうがいいんですね。

もちろん、生きていれば知らないことのほうがいい時もあります。(笑)

でも、じぶんのからだのなかで起きていることは、知らないよりも

『知っている』ことのほうがいいなぁと思いました。

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

26日

頂き物2

 

 

いつもお世話になっている

アロマのお客様から、

とても珍しい甘納豆を頂きました。

山形県の一部でしかとれない

『べに大豆』というお豆だそうです。

これから日本茶を淹れて

ゆっくり味わいたいと思います。

Sさん、本当にご馳走さまでした。

 

 

 

 

 

 

こちらもアロマのお客様Sさんから。

『しののめの露』という

信州のとても美味なお醤油と、

オーガニックのオリーブオイル。

いつも感心しますが、

みなさん本当に食通ですよね。

わたしも、美味しいものを

教えていただけて感謝です!!

0 コメント

2014年

6月

25日

頭蓋骨

 

 先日、息子の山村留学先に行ったときにとんでもないものを発見!!

 みなさん、なんだかわかりますか??

 

 

    学園の後ろの山に住む「野生の猿」の頭蓋骨らしいです。

    ふつうな顔して子供たちが持ってきてくれました~。(笑)

    わたしも解剖学を学んでいるとき、

          『頭蓋骨には縫合がある』と聞きましたが、ホントなんですねぇ。

    とっても、ちいさくて軽かったです。

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

24日

さくらんぼ祭り

  

   きのうはわが家に沢山の新鮮なさくらんぼが届きました!!

   生徒さんのご実家が『さくらんぼ農家』というTさんから、

   みなさんの注文をまとめて送ってもらったものです。

   これで1kgとは思えないほど、大粒の美人揃いがずっしり。

   本当に美味しかったです。

   旬のものをいただける幸せ、とてもいい贅沢ができました。

   Tさん、ありがとうございました。

 

 

    1つのダンボール箱に、4箱のさくらんぼが入っています。

    さぁて、さくらんぶはぜんぶで何個でしょう?

    

 

       とりあえずお決まりの写真を1枚。ぱちり。

       (黒猫ちゃんは写真に写りにくいです。)

 

 

   今回、わたしはなぜか使命を感じなんの利益にもならないのに

   さくらんぼ販売の広報を担当させていただきました~。(笑)

   みなさんから、逆にいろいろと頂きものをしてしまいました。

   なんだかかえってお気遣いをさせてしまったようですみません。

 

   この場をお借りして、お礼を申し上げます。 

 

   Мさん、葡萄ありがとうございました。

   Kさん、とらやの羊羹大好きです。

   Aさん、新鮮なじゃがいも嬉しいです。

   Kさん、コロンは食べごたえ十分でした。

   Rさん、塩辛絶品でした。

 

 

   みなさんと『さくらんぼ祭り』楽しませていただきました~!!

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

22日

家読の日

  

    毎月15日は『家読の日』だそうです。

    小学校でも中学校でも、もちろん自宅でも読み聞かせの日です。

    そして、その日はノーメディアの日。

    でも息子たちの生活する学園はテレビもゲームもないので     

    毎日がノーディアですけどね。

    お風呂上りに中学生のお兄ちゃんに本を読んでもらっています。

 

 

    宿題をして、食事当番の日は

    スタッフの方にお手伝いしてもらいながらごはん作り、

    そのあとみんなでお風呂に入って。

    寝るまでの過ごし方はいろいろだと思いますが

    こんな夜のエクササイズタイムもあるようですよ。

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

20日

頂き物

 

 

先日、レッスンの生徒さんМさんに

いまわたしが学んでいる施術の練習に

お付き合いいただいたら、逆に

お礼のお菓子を頂いてしまいました。

かえって気を遣わせてしまったようで

なんだか申し訳ないような。

お茶たいむに美味しくいただきました。

ご馳走さまです。

 

 

そして、

こちらは別の生徒さんAさんから

カプリ島の旅のお土産を頂きました。

レモンのリキュールと、

レモンのウイスキーボンボン風。

美味しかったです~。

カプリ島は青の洞窟で有名ですが

別名は『レモン島』だとか。

いつか行ってみたいぃ~。

 

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

19日

『作者不詳の詩』

 

きょうは久しぶりに『詩』のご紹介です。

この詩は知人のご家族の方が入院中、

病院の方が下さったったものだそうです。

 

 

『ニューヨーク大学附属病院リハビリセンターの壁に記された詩』

 

 

 大きなことを成し遂げるために、力を与えてほしいと神に求めたのに、

 謙遜を学ぶように、弱さを授かった。

 

 より偉大なことができるようにと、健康を求めたのに、

 より良きことができるようにと、病弱を与えられた。

 

 幸せになろうとして、富を求めたのに、

 賢明であるようにと、貧困を授かった。

 

 世の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、

 あらゆることを喜べるようにと、生命を授かった。

 

 求めたものは1つとして与えられなかったが、

 願いはすべて聞き届けられた。

 

 神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、

 心の中で言い表せないものは、すべて叶えられた。

 私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ。

 

 

 

 

 

きのう、レッスンご参加のKさんが

栃木県のご実家から届いた葡萄を

皆さんに持ってきてくださいました。

新鮮な旬のたべものは

ほんとうに美味しいですよね。

Kさん、ごちそうさまデシタ~。

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

18日

マス釣り

 

息子たちは、先週末、近くの民宿にお邪魔してみんなで『マス釣り』を体験させていただいたようです。

 

ぬるぬるして逃げそうで

必死につかんでいるため

手でよく見えませんが、

マス、います。

指導員の方と嬉しそうですね~。

 

 

民宿の方に『さばき方』を教えていただき、鱒重とお刺身でいただいたそうでした。いいなぁ~おいしそう。

0 コメント

2014年

6月

17日

お茶請けたち

 

 

先日、レッスンにご参加くださった

生徒さんのAさんから、

『みなさんのお茶請けに』と、

北海道の有名なトラピスト修道院の

お菓子をいただきました~。

早速、レッスン後のお茶たいむで

皆さんでおいしくいただきました。

懐かしい安心できる味ですよねぇ。

 

 

 

こちらもレッスンにご参加いただいた

Hさんからの

これまた美味しそうな差し入れです。

女性はドライフルーツ、

お好きな方が多いですよね~。

(もちろん、私もです)

次回に、皆さんといただきますので

楽しみにしています。

 

 

0 コメント

2014年

6月

16日

村っ子たちと

 

   息子たちの生活する学園と、通っている小学校は別になります。

   学校では、地元の村の子どもたちと一緒に学んでいます。

   その村っ子たち、学園に2泊3日の交流体験に来てくれたそう。

 

    いつものように、食事当番によるごはん作りもみんなで。

    村っ子たちもなかなかの腕前のようで、すばらしい。

    みんなで食べるごはんはなぜかとても美味しいんですよね。

    学園生は、村っ子たちみんなに指導しちゃったり。

    (息子もちょっと役割があって嬉しそう)

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

14日

自称女子会

 

 昨夜はひさしぶりに飲み会。水曜クラスの方々と『女子会』でした。

 ふと、女子とは何歳までなんだろうと疑問に思い調べてみました。

 

      *文部省の国語審議会では、なんと22才まで

      *OL800人に聞きましたでは、30代まで

 

 うぅ~ん、つらい。

 ちなみに昨夜の平均年齢は53才でした。(笑)

 

 お酒が入った席でのことを書くのもあれですが、

 最初に『自己紹介をしましょう~!!』となって

 2時間以上かかっても6人全部が終わらなかった、

 そんな話題があちこち飛び回りたくさん笑った楽しい夜でした。

 うん、これでNK(ナチュラルキラー)細胞もばっちりですね!!

 

 

0 コメント

2014年

6月

13日

QOL

 

数日前、テレビのニュース番組で「順天堂大学に『ガン哲学外来』というのが2年程前から設立されている」というのが紹介されていました。

 

 

実は私も7年前シングルマザーになったとき、ある仕事先のスポーツクラブで『血液検査』があり、そのとき腫瘍マーカーの数値が非常に高く「ガンの疑いあり」と診断されました。

突然のことで動揺しながらも、誰にも打ち明けられずにその後改めて全身を再検査をして結果、ガンはどこにもなく無事でしたが、そのとき身内ではないひと、心を打ち明けられる場所が欲しかったのを覚えています。

『死』を意識しなければならないとき、ひとはからだの治療はもちろん大事ですが、こころの治療も同じくらいとても大切です。

 

 

『自分はなにを成すために生まれてきたんだろう。』

なぜかそのことが、ずっと頭から離れませんでした。

 

 

「人生の目的は品性の完成」

人間にはひとりひとり使命があるのでそれを全うすること。

マヤ暦を学びはじめたのも、きっとそんな影響の一つです。

そして『健康』への考え方、意識も変わりました。

これまでの私はヨガ、気功、食事...アーユルヴェーダやマクロビオティックなど健康になるための意識はしていましたが

『こころ』を健やかにすることがなにより一番大切と痛感しました。

ほんとうに気持ちよく、心から納得して楽しんでやっていなければ、

意味がないんです。

 

 

それからのテーマは『QOL=クオリティ・オブ・ライフ』です。

どう、毎日の質を高めて生活していけるのか。

それには、やっぱりからだの健康は欠かせません。

そんなこと考えながら日々、試行錯誤をしながら、模索中です。

 

0 コメント

2014年

6月

12日

雨の日

 

息子からこんな手紙が届きました。

『さいきん雨が多くこわいです。そのあとやんですぐふります。やんだとききりが360°ぜんぶにあります。』

私は経験はありませんが、きっと山ではスゴイ降り方なんでしょうね。

 

なんだか自然界を怖がるって、いいなぁと思いました。

宮崎駿さんの作品のようです。

『人間は自然界を征することはできないし、してはならない。

共存することが大切なのだ』的な感じですね~。

 

これは、こどもたちが生活をしている学園のすぐ目の前の神流川です。

先日、息子に会いに行った時はとても透明感のある綺麗な川でしたが

いまはココア色に濁ってますね~。

 

 

      そんな昨晩からずっと降りしきる雨の休日、

      まったりとした午後にみんなで陶芸をしたそうです。

      なんだか優雅な時間の過ごし方だなぁ。

 

0 コメント

2014年

6月

11日

うさぎの赤ちゃん

      

      息子たちの生活する学園で飼っている『うさぎ』に

      なんと先日、赤ちゃんが誕生したそうです!!

      3羽生まれたのですが、1羽は死産だったようで...。

      残りの2羽をみんなで育ててみるそうです。

      ちいさな命を育てながら、

           『いつくしむこころ』も育てていけたらいいですね。

 

 

0 コメント

2014年

6月

09日

ザミオクルカス

 

 じゃじゃぁ~ん!!

 

 先日、こんな素敵な大きな観葉植物を新規開店祝いにいただきました。

 10年程前にお花屋さんでアルバイトをさせていただいたことがあり、

 そのときお世話になった社長さんからです。

 『ザミオクルカス』というアフリカ、ケニアの植物だそうで、

 乾燥に強く直射日光だと葉が焼けてしまうみたいなので

 わが家の玄関口には、と~ってもぴったり!!

 Mさん、本当に素敵なお祝いをありがとうございました。

 がんばって愛情注いで元気に育ててみますね。

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

07日

見守ること

 

      先日、ひと月ぶりに息子のところへいってきました。

      村には大きな吊り橋があり、

      そこから息子たちの通う小学校が見えました。

      ほんとうに山のなかにあるんだなぁ。

 

      毎月、こどもたちの学園から通信が届きます。

      そこにあった素敵なことばを、ご紹介します。

 

鳥のひなが卵からかえるとき、殻の内側から小さなくちばしで何度も何度もつついて時間をかけて少しずつ割っていきます。親鳥は外側から優しくつついて誘導していくけれど、決して親鳥が割ってしまったりはしません。ひなが自力で割って出てくることこそが『これから生きていくちから』を獲得していく大事な初めの一歩だから、それをじっと見守っています。

親鳥には「必要以上に余計なことはしない」ということがはっきりと本能に刷り込まれているのです。

ひとは色々なことを知っていて、感情も豊かで、心も弱いから、まだ、か弱くて小さなひなにはついつい手を貸したくなってしまいます。

自然界において「出してもらった」のと、「自力で出た」では大きく意味合いが異なってくるのに外から手を出し過ぎて自力をさえぎってしまいがち。

ひとと鳥、動物とは違うのかも知れませんが、ある部分においては子供たちの「自分のちからで」を尊重し、大人は見守らねばならないことも多くあると感じます。「誘導のつづき」程度にとどめておくことが....。

 

 

(こどもたちの暮らす学園長さんのメッセージから)

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

05日

続けるちから

 

  ヨガを指導させてもらう仕事をはじめて何年経ったでしょうか。

  たくさんの方と出会いました。

  そんななかで、いろいろな生徒さんたちを通して

  『続けること』が、実はとてもむずかしいと気が付きました。

 

  先日もこちらの日記でご紹介させていただいたMANASの生徒さんで、

  洋食器の絵付け教室をされているNさんからこんなお話を聞きました。

  『教室に15年間通われているある生徒さんが、

  「上達することよりも続けることの方が難しい」と仰られていた』と。

 

  う~ん、深いぃ~。

 

  たしかに、その通りなのかも知れませんね。

  同じ事をずっと『続けるちから』。

  それは『求道心』や『追求心』みたいなものなのかなぁ。

  とりあえずかたちはおさえられたからおしまい、ではなく

  そこからが始まり。

  沢山の時間をかけ、いかに出来たものの質を高めていけるか。

  それを通して『じぶんの成長や変化』を、みつけて&楽しむ。

 

 

  ちょっと理屈っぽくなってしまいましたが、(笑)

  そんな自分のなかでの作業を楽しめるかたが続けられるんでしょうね。

  私は20代の頃、演じることをお仕事にしていましたが

  『芝居作り』ととてもよく似ているなぁと感じました。

  セリフを覚えてからが稽古のスタート。

  それから毎日毎日、稽古で同じことの繰り返しを何度も何度も行って

  自分のなかで『ちいさな発見』を繰り返していく過程と、

  なんだか似ています。

  ピアノや、バレエ、ダンスなどもみんな同じですね。

  譜面をみたり、振付をもらって、そこからじぶんのものにしていく。

  きっと、その作業がおもしろくて楽しいんだなぁ。

 

 

0 コメント

2014年

6月

04日

たまねぎ

 

ご覧くださ~い、この美しいたまねぎたち。

本日レッスンにご参加いただいたMさんの旦那さま作です。

三郷の方に菜園を借りていらっしゃるとか。

とても素人とは思えないきれいなたまねぎですね。

早速、教えていただいたように

薄くスライスしたたまねぎをお豆腐の上にのせて

かつお節とごま油とポン酢をかけていただきました~。

Mさん、美味しかったです!!

旦那さまにヨロシクお伝えくださいませ。

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

03日

山おとこが出来るまで?

 

 山村留学中のむすこたちは、この日はキャンプの基礎を身につけよう!!

 ということで指導員の先生からいろいろと学んだようです。

 『美しさも大切!!』ということで、みんな真剣な様子。

 なんだか、ちょっとした脳トレにもなりそう。(笑)

 

 

  『いつでもどこでも暗闇の中でも出来るロープの結び方&使い方』

  ほら、ちゃんと目をつぶってますね~。

 

 

  こちらは倒れている仲間の救護のしかた、背負い方の練習。

  なんだか中学生の大きなお兄ちゃんのよこで遊んでいるような...(笑)

  そのほか、荷物の準備やテントを張る位置、ケガをしたときの対処法。

  じぶんの身を守るための準備&救急法などを学んだようです。

 

 

  なかなか私たちの生活では学べないことだらけの毎日のようですね。

  こんなふうに、すぐ近くの川で『丸太あそび』も

  いまでは貴重なものとなってしまいましたもんね。

  どこからか井上陽水さんの歌声が聞こえてくるようです...。(笑)

 

0 コメント