『朝のリレー』

      

       最近、朝陽がしっかりしてきましたね。

       新しい季節に変わってゆくのが実感できます。

       (ざんねんながら、今朝は曇り空ですが.....。)

 

       そんな朝にぴったりの詩です。

       わたしは知りませんでしたが、

       有名な詩ということで

       ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

                 『朝のリレー』      谷川俊太郎

 

 

                  カムチャッカの若者が

                  きりんの夢を見ているとき

                  メキシコの娘は

                  朝もやの中でバスを待っている

                  ニューヨークの少女が

                  ほほえみながら寝がえりをうつとき

                  ローマの少年は

                  柱頭を染める朝陽にウインクする

                  この地球では

                  いつもどこかで朝がはじまっている

 

                  ぼくらは朝をリレーするのだ

                  経度から経度へと

                  そうしていわば交替で地球を守る

                  眠る前のひととき耳をすますと

                  どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる

                  それはあなたの送った朝を

                  誰かがしっかりと受け止めた証拠なのだ