『ぎらりと光るダイヤのような日』

 

 

わたしは、レッスンでもよく

『自分の納得するように動いてください。』

とみなさんにおねがいをしています。

それは、みなさんのお身体を痛めて欲しくないからです。

もっとも効率よくメンテナンスをするには、

(痛めずに、こころにもからだにも効果をだすためには)

その感覚がとても大切だと感じています。

 

『自分の意志で一瞬一瞬選ぶこと』

 

依存は解放と自由を閉ざします。

それはレッスンに限らず、どんなことにもそうだと思います。

 

 

 

『ぎらりと光るダイヤのような日』   茨木のり子

 

 

短い生涯

とてもとても短い生涯

六十年か七十年の

 

お百姓はどれほど田植えをするのだろう

コックはパイをどれ位焼くのだろう

教師は同じことをどれ位しゃべるのだろう

 

子供たちは地球の住人になるために

文法や算数や魚の生態なんかをしこたまつめこまれる

それから品種の改良や

理不尽な権力との闘いや

不正な裁判の攻撃や

泣きたいような雑用や

ばかな戦争の後始末をして

研究や精進や結婚などがあって

 

小さな赤ん坊が生まれたりすると

考えたりもっと違った自分になりたい欲望などは

もはや贅沢品になってしまう

 

世界に別れを告げる日に

人は振り返って

自分が本当に生きた日があまりに少なかったことに驚くだろう

 

指折り数えるほどしかないその日々のなかの一つには

恋人との最初の一瞥のするどい閃光などもまじっているだろう

 

「本当に生きた日」は人によって確かに違う

ぎらりと光るダイヤのような日は

銃殺の朝であったり

アトリエの夜であったり

果樹園のまひるであったり

未明のスクラムであったりするのだ

 

 

 

 

茨木のり子さんの言葉です。

 

『いい詩には、ひとの心を解き放ってくれる力があります。

 いい詩はまた、生きとし生けるものへの、

 いとおしみの感情をやさしく誘いだしてもくれます。』