おとなのたのしみ

  

 

さくらの開花の季節になりました。

 

 

先日、ある生徒の方が「最近、句会に入ったの」と楽しそうでした。

  その方は昨年は体調を崩し入院等され、とても大変な一年でした。

わたしもそうですが、体調が悪いと気分も沈んでしまいますよね。

そんな時に句会に入り、意識が外に向くようになって

とても良かったと仰っていました。

わたしはまったく俳句はわかりませんが

俳句は見たままの情景を季語で表現するというものだそうです。

句会に入ってからはとにかく外の景色をよくご覧になるようになり

「シナプスが繋がり始めたわ」と嬉しそうでした。

これまで断片的だった意識や知識が、

学ぶことにより視野が広まって繋がる、ハッとする感覚ですね。

 

 

 

わたしも「おとな」になったら、やってみたいなぁ。

脳トレにもとっても良さそう。