『さくら』

 

今年もサクラの季節がやってきました。

わたしが住んでいるのは『川口市桜町』。

家のまえにも桜の木があります。

この風雨の影響がないとよいのですが...。

 

茨木のり子さんの『さくら』という詩です。

 

『さくら』     茨木のり子

 

 

ことしも生きて

さくらを見ています

ひとは生涯に

何回ぐらいさくらをみるのかしら

ものごころつくのが十歳ぐらいなら

どんなに多くても七十回ぐらい

三十回 四十回のひともざら

なんという少なさだろう

もっともっと多く見るような気がするのは

先祖の視覚も

まぎれこみ重なりあい霞だつせいでしょう

あでやかとも妖しいとも不気味とも

捉えかねる花のいろ

さくらふぶきの下を ふららと歩けば

一瞬

名僧のごとくにわかるのです

死こそ常態

生はいとしき蜃気楼と

 

 

 

 

 

こんな茨城のり子さんの詩をよみながら

きのうお客様からいただいた

美味しいチョコレートをつまみに、

ひとりしずかに夜を楽しんでいます。

 

(Yさん、きのうはお気遣いくださり

 どうもありがとうございました。)