村っ子たちと

 

   息子たちの生活する学園と、通っている小学校は別になります。

   学校では、地元の村の子どもたちと一緒に学んでいます。

   その村っ子たち、学園に2泊3日の交流体験に来てくれたそう。

 

    いつものように、食事当番によるごはん作りもみんなで。

    村っ子たちもなかなかの腕前のようで、すばらしい。

    みんなで食べるごはんはなぜかとても美味しいんですよね。

    学園生は、村っ子たちみんなに指導しちゃったり。

    (息子もちょっと役割があって嬉しそう)

    翌日の早朝(たぶん5時頃?)はみんなでドロケイ遊び。

    そのまえにみんなで『朝の儀式』で気合をいれて。

    いつもとは違った、ちょっと特別な週末だったようですね。