いろいろな自立

 

先日、テレビで子供の自立についての番組を見ました。

尾木ママが出演していました。

内容は、何歳までこどもと一緒にお風呂に入るか、でした。

う~ん。

最近よく中学生の息子と、とか、20歳の娘と、とか聞きますよね。

そんなお家の方たちは「うちは仲良し家族なんです」と言いますが、

........う~ん。

 

子供の『自立』にはいくつか種類があるそうです。

経済的自立、精神的自立、そして性的自立。

最近では、20歳で半数以上はまだ恋愛をしてないとか。

片思いの経験すらないそうですからほんと驚きました。

これでは少子化になるのは当然ですよねぇ。

中学生の子供が親とお風呂に入って恥ずかしくないというのは問題です。

性に目覚めないと、大人としての『自立』はないそうです。

 

親がこどもの障害物を取り去ってしまうのもよくないと言ってました。

『カーリングマザー?』そんなネーミングが付いてて。

子供は自分で障害を乗り越え解決しなければ育たないそうです。

でも実際、親の立場になると難しいのですが.....。

子育て中の私にはドキッとした番組でした、尾木ママありがとう。

 

 

 

 

以前はご近所にお住まいだったSさんが

春から大阪に拠点を移されて、たまに

お仕事でこちらに帰って来られます。

先日、アロマオイルを買いに

MANASにも寄ってくださいました。

京都の夏限定の和菓子を頂きました。

さすが京都!!

右横にあるのは一般的な保冷剤ですが

きちんと和紙で包んでありましたよ。

 

 

 

 

 

『西湖』という夏の和菓子で

チマキのようなカタチをしています。

有名なお菓子なのかも知れませんが

わたしは初めていただきました。

素材は蓮根のでんぷんだそうです。

包みの中にはぷるんっとした食感の

和三盆の優しい甘さのした

とてものどごしの良い

夏にぴったりの和菓子でした。

とても上品な気持ちになれました。

Sさん、ご馳走さまでした!!