経験の価値観

 

最近、いろいろな場面で『経験』について考えさせられることが多いです。

一般的にはふつう「経験は豊かなほうがいい」みたいな空気が流れているような気がしますよね。果たしてどうなんでしょうか?

 

なにも考えずに、ただ経験だけをたくさん積んでいてもあまりそこには多くの意味はないような気がしています。

実際の経験はしていなくても『想像力』を持って、相手の立場になって物事を考えられることがきっと大切なんですよね。

 

私は学生を卒業してから舞台や映像で役者をして、その後はいろいろな施設でヨガを指導させてもらいながら、ここまでの人生でも本当に沢山の方たちと出会って来たと思いますが、いつも思うのは「経験がすべてではない」ということです。

よく、結婚後に家庭に入りお仕事をされてない女性の方で『私はただの主婦だから』と自分の社会経験の少ないことを気にされているような場面に出会いますが、まったくそんな必要はないように、いつも私は思っています。

外に出ようが、家にいようが『じぶんで考える』ことをしていればそれでいいんだと思います。

もし主婦の方だったら、家族のせいとかにはしないでいまの自分を見つめることができる、自立しているひとは素敵です。

 

実は、私も最近ハッとさせられることがあったんです。

わたしよりも経験の少ないと思う方から、とても学ぶことがありました。

『こういうことかぁ~』と実感、とてもその女性を素敵に感じました。

大切な「気付き」をさせてもらえて、その女性にもとても感謝しています。

 

 

とはいっても、

私は人生経験が豊かな女性が好きです。

小さなことではいちいち驚いたりしない、

堂々とそこにきちんと存在してる感じに

きっと憧れるんでしょうね。

そんな生徒さんのおひとりのHさんが

ぬか床セットをくださいました。

嬉しいです、がんばりま~す!!

そしてこちらは生徒さんのMさんから。

私は自宅でのレッスンの他に

セントラル西新井、三郷リハビリセンター、

御茶ノ水のYWCAでも指導しています。

台風の日に通常通りレッスンに行ったら

『こんな台風に来てくれて』と、

佃煮セットをいただきました。

仕事に穴を開けないということは

当たり前のことなんですが、

こんな風に感謝されて、申し訳ないような

とっても嬉しい気持ちになれました。