太鼓大会


昨日、息子の山村留学の太鼓チームが『太鼓コンクール』に出場しました。

息子はとっても緊張していたようですが、カッコ良く叩けていましたよ~。

まだまだ成長の伸びはあるなぁ~とも感じましたが、

たった1年未満の短い時間でのここまでの成長にただただ拍手を送ります。

よくがんばったね。



 

   これまでの練習風景です。太鼓っていいですよね。

   最近ではこの辺りでもご近所の騒音になるので思い切り叩けませんが

   その点では向こうは周りは山に囲まれてるので好立地。

   大きな音がでてストレス発散、腰が下がるので丹田にも力が入る。

   腕や下半身、足腰やお腹の筋トレにもなって、とてもいいんです。

   いつもみんなで夜の時間を使って一生懸命練習してたみたいですね。

 

  

   これは、中学生のお兄ちゃんから教えてもらってるところ。

   『教えあう』ことは『学びあう』こと。

   これはお互いに本当に勉強になります。

   私もいま新しい施術を学んでいますがとてもそのことを実感します。

   教える側も、また勉強になるんですよね。

 

 

  ただ良い音を出してリズムをそろえて、それでおしまいではないです。

  気持ちが「ひとつになる」ことを、みんなで体感できるようにします。

 『それぞれの子に光るモノがありそれぞれの子に活躍の場がある』

  そんな当たり前の大切なこともこんな時に改めて発見するんでしょうね。