お嬢さん落としましたよ


先日のレッスンでこんな話題になりました。

『こどもの頃や昔に、じぶんが悪いことをしたのを今でも覚えているか』

 

すると、Mさんがこんなお話をしてくださいました。

「小学1~2年生の頃に友だちと歩きながらアメを舐めていて、

包み紙をそのままその場に捨てたんです。

そうしたら、年齢を重ねたご婦人が

『お嬢さん落としましたよ』と声をかけてきたんです。」

 

Mさんはそこでハッとしたそうです。

『そんなことしちゃだめよ』と注意をされるよりもずっと効果的ですね。

とても静かで、とても丁寧な気付かせ方だなぁと思いました。

大声でガミガミと表現するよりも静かに深いところにはいります。

まるで、今後のMさんの血となり肉となるような深い部分まで......。

昔は素敵なお年寄りが沢山いたんだなぁとも思いました。

いまの自分にそれができるか。

年を重ねていく自分にそれはできるのか.....。

もっとちゃんと生きていかなくてはいけないなぁ、と反省しました。