『こころの色』


久しぶりに『詩』のご紹介です。

季節の変わり目なので、なかなかお天気も定まらないですね。

毎日のように「その日の色」がちがいます。

三寒四温、気温差でお体のバランスを崩されませんように.....。


『こころの色』     谷川俊太郎



   私がなにを思ってきたか

   それがいまの私をつくっている

   あなたがなにを考えてきたか

   それがいまのあなたそのもの


   世界はみんなのこころで決まる

   世界はみんなのこころで変わる

   あかんぼうのこころは白紙

   大きくなると色にそまる

   私のこころはどんな色?

   きれいな色にこころをそめたい


   きれいな色ならきっと幸せ

   すきとおっていればもっと幸せ