加賀棒茶

先日、レッスンに通っていただいているTさんから『加賀棒茶』というお茶をいただきました。昭和天皇に献上していた石川県加賀市の『丸八製茶場』のほうじ茶で、一番茶の茎の部分だけを使ったお茶だそうです。

ほうじ茶は普通、茎の芯まで火を通すのにかなりの火力が必要となるため表面が黒く焦げてしまいますが、こちらの「加賀棒茶」は旨みを損なうことのないように浅く焙じたもので、芳ばしい香りとすっきりした飲みやすさで、レッスン後に皆さんでいただいてても驚いてしまうくらいに本当に美味しかったです。いつも皆様からのお気遣いには本当に感謝しています。ご馳走さまでした。