なにもしないこと


人間はとても欲が深いのでなんでもかんでも自分に入れたくなります。でも、あえてなにも入れないほうが不思議と力を発揮できることもあります。

先週のレッスンでは、頭のてっぺんから入ってくるエネルギーを自分のカラダを空っぽのパイプのようにイメージして手足から吐き出すという呼吸法をしました。みなさん心身ともに気持ちよくすっきりされたようです。

『肩に力がはいる』とは本来の力が発揮できないことをいいますよね?

なにもしないで、すとんと力を抜いて透明になったときにそのひとの魅力が出ると私は感じています。やっぱり自然体がいちばんですね。


猫って別に飼い主に『かわいいところを見せてやろう』なんて思ってなくて

自然体で好きなことしてるから、魅力的なんですよね~。かなわないわぁ。


きのうレッスンに参加していただいたMさんが、知人の方が栽培しているという『ハウスみかん』をみなさんにと持ってきてくださいました。本当に小さくて甘味がぎゅっと凝縮されていて美味しかったです~。ごちそうさま。