マイナスとは共鳴しない

 

みなさんは、誰かと口論したあとに後悔の念に襲われてぐったりと疲れ果ててしまったような経験はありませんか?口論した内容以前に、人とそんな風に接した自分自身を後悔するような...。本当にただ相手に内容を伝えたいだけなら、やっぱり笑顔でわかりやすく伝えた方がいいに決まってますから、それはただのストレス発散の行為。ひとは少なからず目の前のものに『共鳴』してしまうと思うのでやっぱりマイナスのものには近づかないほうがいいような気がします。自分を、そして相手も守るために。そして、笑顔でわかりやすく伝える、ですね。(私もデキてないのでがんばりま~す!!)