おやごごろ

 

レッスンにいつも通ってくださっているYさんが、昨日、しんそう療方の施術にお越しくださいました。子育てをしているなかで子供にはなるべく添加物を与えたくないと、毎朝天然酵母のパンを手作りされているそうです。いただいてみるとほんのり優しい甘さのする、とても香りのよいパンでした。もちろんそのまま食べてもいいし、ジャムを塗ったり、サンドイッチのように何か挟んだりと、毎日、楽しまれているようです。私は今朝の朝食でサンドイッチにしようかな。やっぱり子供が生まれると外食などで美味しいモノを食べていても『あ~、これ子供に食べさせてあげたい』と思うようになりますよね~と、「おやごごろ」という言葉を思い出しました。(Yさん、ごちそうさまでした!!)

 

 

こちらも「おやごごろ」です。こちらも、しんそう療方の施術にお越しくださったMさんが地元のパン屋さんで購入してくださいました。実はこのパンは、息子さんの通われている地元の中学校とのコラボ商品で学生たちが考案したパンなんだそう。直接、息子さんは今回かかわってはいませんがやっぱり応援してあげたい、という気持ちですよね。周囲の沢山の大人たちに見守られて子供たちは育っていくんだなぁ。コラボパン美味しかったですよ~。

 

おまけです。

みなさんの「おやごごろ」について書いていたら私の目が自然と『他にもないかなぁ~』と探すようになっていたみたいで(脳にはそういう働きがあります)そういえば昨日、実家の母が庭で咲いたバラを分けてくれたのを思い出しました。「うちにはもう飾ってあるし、おねえちゃんのところは沢山ひとが来るからいいでしょ」って。とっても綺麗なうすピンク色のバラです。これも「おやごごろ」ですね。お母さんありがとう。