本音のお話し

 

半年ほど前からレッスンに通ってくださっているTさんが『最近、主人が、たぶんしんそう療方のおかげなんですけど私に優しんですよ』と嬉しそうに教えてくれました。Tさんのご主人様は「しんそう療法」の施術を最近、月1ペースで通ってくださっています。いつも身体が疲れて辛くなってくるとピリピリしていた様子でしたが、どうやらそれがなくなったようです。『私は主人の身体がラクになることよりも、機嫌がいい方がずっと嬉しいです』とTさんが仰っていて『本当にそうだなぁ』と私も思いました。結局、お身体の辛さは本人にしかわかりませんからね。そばにいる人間にとっては、やっぱり機嫌よくいてくれるのが一番いいですよね。

 

ヨガやアロマを始めたきっかけの一つに「女性(お母さんや奥さん)が家庭の空気をつくるから、まずはその女性が心も身体も気持ちよく」と考えて、そのお手伝いをと位置付けていました。なんだか懐かしいなぁ~。

 

一番長いお付き合いの生徒さんYさんから、美味しいかりんとうを頂きました。日本橋『錦豊琳』さんのきな粉のかりんとうです。ちょっと固めで歯ごたえのある甘くて美味しい味でした。

こちらも、レッスンに通ってくださっているAさんから頂きました。鎌倉に『福来鳥』という大根料理の古民家のお店があるそうで、そちらの「みうら大根塩かりんとう」です。おからも入っていて、三温糖でほんのり優しい甘さのとても癒される、こちらも美味しいおからでした。(皆様いつもごちそうさまです!!)