意見を求めること

 

先日のニュースで『最近では日常生活のいろいろな場面で沢山の禁止事項が増えているそうです』と特集されていてTVを観ながら、ついひとりで声を出して笑ってしまいました。公園内ではほとんどの遊びが禁じられていて、何もできずに結局こどもたちはみんなでベンチに座ってゲームをしているそうです。あるマンションでは住民から『うちでは知らない人に声をかけられたら逃げるように子供に教育をしているのでマンション内では挨拶を禁止にして欲しい』との意見がありマンション内では住民同士の挨拶は禁止だとか。笑

TVの番組内でも「挨拶を日常からしていることで『この人はあやしいな』とわかるものなので、そもそも相手の目を見て挨拶をしないというのは間違っている」「こんなに何もかもを禁止にして世界を狭くしていたら子供たちの未来は本当に大変なことになってしまう」と危惧していました。

勿論、現代ではすっかり生活状況も様変わりしてしまい、実際に怖い思いをすることもあると思います。でも『自分の考えが正しい』という姿勢は、他の視点を学ぶチャンスを逃がします。色々なひとたちに意見を求めることで一度、自分の意見を手放しながらみんなで問題を解決していくことはとても大切な気がしています。思い通りにいかないところから学ぶ。忍耐で人格は練られるもの。みんなと考えよう。