じぶんの好み

 

猛暑だった梅雨が明けてからはずっと涼しい日が続いていたので、やっと今日は夏らしくなりましたね。涼しいのはラクでいいですがやっぱり季節を感じるというのも大切です。(でもこのまま猛暑続きだったらこんなこと言い続ける自信はありませんが。笑)

 

 

今日はちょっと考えることがありまして。自分ではそんなに意識してないつもりでも自分の好みの方向に相手のひとを動かそうとしていたと気付くことがありました。知らないうちにそういうことってやってるんですね。相手のひとにだって同じようにそのひとの「好み」があり、こちらの一方的なやり方に付き合せてしまうのはやっぱりよくありません。

 

つい、私がじぶんのなか(今、どう感じているか?)を追究することが好きなので相手のひとのそういったご本人にしか見えない部分も知りたくて質問してしまうという「癖」に気付きました。

 

YOGAの世界の「からだの声を聞く」は、それぞれおひとりおひとりの中の作業であって、その作業が好きなひと、そうでないひともいます。お身体の微妙な変化はご本人が一番感じていると思うのでついその変化が知りたくて質問をしてしまっていました。相手のひとは困ってしまうこともあるかと思います。それも含めて『こうしなきゃいけない』はないんですよね。とても勉強になりました。

 

 

アロマにお越しのSさんが、週末に行田市まで、蓮の花を見に行かれたそうです。夏の暑さに涼しさを与えてくれますよね。仏教では泥水=煩悩、苦悩のなかにあって汚れることのない「清らかさ」「悟り」の象徴と言われているそうです。可愛いですね~。