悟ること

 

夏休みももうすぐ終わり。息子も部活の顧問の先生が怖くて『サッカー部は宿題は17日までに終わらせるのが目標』を奇跡的に守り、今年は早々に終わらせてくれて平和で静かな夏休みの終わりを迎えようとしています。笑

親としてはほんとうにありがたい。「怒ってシワが増えない」「怒って免疫力が下がらない」「怒鳴ってのどを痛めない」....。笑

ちょっと話は変わりますが、今日のマヤ暦には『孤独感の中で悟ることあり』とありました。『悟る』ってなんだか難しそうなイメージですよね?

仏語の印象が強いからかなぁ。

 

「迷い・煩悩 (ぼんのう) を去って生死を超えた永遠の真理を会得する」

「物事の真の意味を知る。はっきりと理解する」

「隠されているもの、また自分の運命などについて、それと気づく」

 

答えがたとえ間違ってようと、自分のなかで「納得」できるものを見つけたらそれが『悟る』ということなのかなって思いました。実は最近、あることをちょっと立ち止まって考えてみる機会があったのですが、ちょうど昨夜から今日にかけて納得のできる答えが自分のなかで発見できたところでした。いつも感じますが、自分の力だけで導き出したわけではないんですよね。ちゃんとこうやって私たちはみんな自然界のエネルギーにも助けてもらいながら背中を押してもらえてる。ありがたいですね。

 

みなさんから色々と美味しい頂き物がありました~。(ご報告遅れました)

「頂き物がうちに沢山あったからよかったらどうぞ~」と、Yさんがご自宅からおすそ分けを皆さんに持って来てくれました。優しいなぁ。

そしてこちらはMさんも「お土産をいろんなところから頂いちゃって」と。レッスン後のお茶タイムで皆さんと一緒に頂きました。お餅がやわらかい~

こちらは新潟のご実家へ帰省されたYさんからのお土産です。安田ヨーグルトで有名な安田牛乳のホワイトチョコ&薄焼きクッキーサンド。

諏訪湖にご旅行に行かれたMさんからは、長野産のりんご果汁使用の甘酸っぱい「林檎かりんとう」と「月路のしらべ」というケーキを頂きました。いつもみなさんの優しいお気遣いに感謝します。いただいた私たちにも「優しい気持ち」が伝染してきます。本当にご馳走さまでした!!!