こんにゃく湿布

こちらは、よるヨガクラスです。今月はそれぞれのヨガクラスにて民間療法の「こんにゃく湿布」を行っています。これから寒くなる前にやり方を覚えてもらえば、みなさんもご自宅でご自分やご家族の方たちにも施してあげられるので生活のなかに取り入れてもらえたら素敵だなぁと思います。前回の日記にも書きましたが東洋医学と西洋医学は考え方から違うので、このような「お手当」は日々の暮らしのなかでじっくり続けることが大切です。

 

先日、食事で体質改善はどのくらい時間がかかるのかと質問を受けてちょっと調べてみました。体内の細胞は毎日、死んでまた新しい細胞が生まれて....を繰り返していますがそれぞれの臓器によって多少の差はありましたが脳細胞にはいちばん時間が必要で、細胞すべてが生まれ変わるのに1年がかかるとのこと。そして骨の生まれ変わりにはさらに時間がかかり2年半~3年が必要のようでした。でも、骨髄で血液が作られるわけですからやはりキレイな血液を体内に巡らせたり、細胞も血液でできているのでやっぱり約3年の時間はかける必要があるようですね。

お父様の癌のために、仙台の温泉地までご家族で湯治に行かれたというHさんからお土産をいただきました。とても美味しかったです。ご本人のお父様はとても元気でちょっと面倒みたいな感じだったようですがご家族が心配してみんなで行かれたとか。お父様を見守ってる感じがして心が温まります。お土産をありがとうございました。